『自分を「やる気」にさせる!最強の心理テクニック』ぱる出版

内藤誼人

格闘技の選手は、手足に重りなどをつけてトレーニングをする。

マラソン選手は、わざわざ空気の薄い高地に出向いてトレーニングをする。

なぜ、わざわざ重りをつけたり、空気の薄いところでトレーニングをするかというと、それだけ自分に負荷をかけることができ、トレーニング効果もグンと高くなるからである。

重りがなければ練習もラクであろうし、空気が薄くないほうが練習はしやすいであろう。

けれども、そういう“ぬるま湯状態”にいたら、結局は、自分を鍛えることができない。

自分を追い詰め、苛酷な環境に置かないと、人は強くなれないのである。

自分にハンデを課す、というのはいいことだ。

たとえハンデがなくとも、そういうときには自分で意識して、ハンデを課したほうがいい。

「卓球日本」の名が世界にとどろいたのは、萩村伊智朗の登場によってであった。

彼は、昭和29年、ロンドンの世界選手権で優勝すると、以来、8回連続して世界選手権に出場、金メダル計12個を獲得して、世界を仰天させた。

なぜ萩村は、それほど強かったのか。

その理由は、せりあいに強くなるため、練習では心の中で自分にハンデを課していたからである。

練習のとき、萩村は、0−5から数えたという。

自分が負けている状態をイメージし、そういうハンデがあるという設定で練習していたせいで、「せりあいに強く、逆転力のある勝負師」と呼ばれるようになったのである。

仕事をするときには、あえて自分にハンデをかけよう。

たとえば、「金曜日までに片づけてほしい」とお願いされた仕事は、自分の心の中でさらに2日のハンデを課して、「水曜日までには終わらせてやる!」という気持ちで取り組むのだ。

「1日5件の営業回り」が会社のノルマなのだとしたら、やはり自分にハンデを課して「1日15件」の訪問先を回るようにするのだ。

「ただでさえ、やる気がないのに、そんなことはできませんよ」と思うかもしれないが、そうではない。

みなさんがやる気にならないのは、自分を甘やかしているからである。

ラクなところで生きているから、やる気も出ないのだ。

自分にハンデを課して、厳しい状況に追い込めば、「これはいかん!」と思ってやる気が出てくる。

人間というのは、追い込まれれば、だれだってやる気になるのだ。

ノルマや締切が比較的ラクだったら、どうなるか。

当然、追い込まれるまでやる気にならないだろう。

だから、わざと自分の心の中でハンデを課し、自分を追い込むのである。

そうすれば、やる気も出てくる。

チューリッヒ大学のコーネリウス・コーニングは、締切直前になってやる気が高まる現象を「デッドライン・ラッシュ」と呼んでいる。

だれでも締切直前にはやる気が出るのだから、わざと締め切りを前倒しで設定すれば、いつでもやる気は引き出されるのだ。

負荷をかけたり、ハンデを課すことは、個人だけでなく会社においても同じことが言える。

強い筋肉質の会社になるため、より厳しい会計処理をしたり、より苛酷な条件を自らに課すことだ。

言い方は悪いが、負荷をかけるということは、自分で自分の首を絞めること。

自分で自分の首を絞めなければ、人(世間)から首を絞められてしまう。

つまり、会社として生き残れなくなる。

「百尺竿頭(ひゃくしゃくかんとう)に一歩を進む」(伝灯録)という禅語がある。

百尺の長さの竿 (さお) の先まで達しているが、その上、なお進もうとする努力や工夫のこと。

努力を尽くした上で、さらに一歩、もうひと踏ん張り、尽力(じんりょく)する。

ときに、自分に負荷をかけることも必要だ。