【遊戯】170705to06_fall of magic_オンラインセッション

【魔法が失いつつある世界の物語】

今回は募集していた表題のシステムへ参加。

このシステムはTRPGでは無く、ボードゲームの部類に入るもので、魔法が失われつつある世界で、最後の魔法使いの従者となり、魔法が生まれた土地へ向かい旅をする様子を描いたものです。

特筆すべきは、このシステムはディプロマシーの様に会話のみで進む点で、魔法が何故失われたか、何故旅をするのか、何だったらこの世界は何なのかを、厳密に決められた順番で想像しながら語り合いながら、どう落とすかを全員で頑張ります。

またシステム上で他の人に設定を付けたり、また背負ったりしながら話を進めるので、各人の想像力の枠を超えた物語を生み出しやすくなっております。

詳しくは英語のサイトで日本語のPDFファイルがありますのでこちらをご覧ください。

https://heartofthedeernicorn.com/product/fall-of-magic-scroll-edition/

【あんぶらあげ】

そんな訳で今回は

・油揚大好きなきつね

・逃亡者ナガレモノ

・勇者となった少年

・人間を夢見るゴーレム(2mの声は女性)

ってキャラクターが紡がれ、魔法の国を目指して旅立つ事になりました。

途中油揚好きの大量のクマに囲まれ、凍った油揚を食べたり、そして伝説の油揚の話などが紡がれ、結果その油揚こそこの世界の魔法そのものだった、という事に行きつきます。

そして暴走した油揚をきつねが食べ封印し、魔法はまた魔法として芽吹くところで話は終わりました。

そんな不思議な物語を、今回さまざまな世代の妄想で紡がれました。

【発想】

いや、若い方の発想は凄い。

おじさんも頑張っておりましたが、いやいやすっかり古くなったなと思います。

しかし、互いがその辺を受け入れながら出来る空間でしたので、誰かの個性に引っ張られる事無く、全員の個性が混ざり合うとても良い空間が出来たと思います。

互いにマウンティングするんじゃなくて、互いを受け入れ結果互いを高め合う。

妄想が想像に成り物語に成る。

この辺が、RPGがこの世に生まれてから求めてやまない姿なのかな、と2mの美少女きどりのゴーレムって自分でハードルを上げたキャラクターを持て余しながらなんとか頑張っておりました。

最後に一緒に冒険した方々、ありがとうございました。