ギターが売れるワケとアコギの謎

アコギは、ギターでも別ジャンルに仕分けされますが、サウンドもさることながら、その外観がフォークギターでなければいけません。

完成品

下写真のギター天板のクラック亀裂、割れは、マーチンクラックのように木の乾燥等による自然な歪みでなく、外部損傷によるものです。表からは見えないインナー部に添え木ブレージングがエックス状等に接着されているのですが、ブレージングが2本ほど剥離してしまっており、割れた部分もフラットでは無くなってしまっていました。

割れた天板

ブレージングのどこが剥離しているのかは、サウンドホールから手を入れて腕に損傷を負わないように作業しなければいけません。

通常であれば天板を一度剥がし、ギター本体を分解しますのでバインディング周囲のデコレーションなども1から張り直さなければいけませんが、ギリギリ手が届くので剥離してしまった添え木ブレージングを接着しなおし、強度を出すためにウッドブロックも2個追加し、かつ割れ目をV字カット後Vコバ面を合せ、かつ、天板をフラットにしなければいけないので、長時間の勝負になり口腔外科手術と同様な損傷をお互いに受けます。

割れ目を修復したら、漆の積層に入りますが、漆は鉄と同じ硬さですから、乾燥作業と毎回の長時間研磨作業で24時間サイクルで続け、それを12回繰り返します。

透き通る赤い色

ぼくの場合、日常の生活から離脱しなければ集中できない、つまり朝から晩、早朝から翌日朝まで面倒を見、翌日も朝から朝まで、すなわち一般的な仕事や用事ができない。元一般的な生活で無いため、芸術家に多い昼夜は関係なくコトが進みます。

ブレージングにおいて、過去思い出含む

私は天板からそのまま削り出したブレージングを考えたギターを2本作りました。この凄さ?がわかりますでしょうか?

ブレージングは接着で作るのでは無く、たった1枚の板から切断せずに

凸こういうふうに

削り出すわけです。

メリットは、壊れない、好きな形にできる、好きというのは見た目だけでなく音響効果的に考慮できる。

このギターを作った時から20年経ちますが、このサウンドを抜くギターは未だに登場しません。なぜならばメリット以外の部分が一般に受け入れられないからです。量産品ファクトリーラインを確立しても原価で7ケタくらいかかりますので市場では3倍値になります。音が良いからと言って300万円でギターは買わないし、売れません。

設計製作後、ギターマガジンで告知し販売を開始ししましたが、1本も売れませんでした。

結果、ギター音質は弾き手なのだが、その所有する意味の選択肢が多すぎるため、一つに特化したものはビジネスにはなりにくい。上記かなり言葉を濁しています。

修理している最中でも、瞬間的に変なアイディアが生まれてきてしまい、写真の完成品は紅くくれない、ところどころにライトを当てた時だけブリリアントシャインを放つメキシコ貝を入れてあるが、一見どこにも見えないように隠してあります。さらに良く見ると錦蛇の革を埋め込んであるのですが、これも良くみないとわからない。つまり音楽の本質、聞く意思、演奏する意思、対面しなければわからないコト、などを隠しているのと同一で、隠しキラキラも写真ではわからないようにしているのです。

ブリリアントな光り

錦を飾る蛇

12回積層の積み重ねることの奥の深さを色で表現するなら紅溜べにだめ

溜めるためるという日本語の表現と由来

それを施した透き通る紅色ベニイロ

極めつけ

漆は塗装という行為ではなく、晴れ渡った空の電線が写り混むほどの鏡面加工仕上げは、研磨のみで作業。塗って光沢出すのでは無く、積み重ね、積み重ね、削って、削って、やっと光り輝くのが漆であるということ。

そして、人を魅了するなら、もう作らない。

人が、不思議に思うなら、作る。

この違いと決心がわかりますでしょうか。

何かを越えるとか、美しいものを求めるとか

それらは、存在するもの。

ぼくは、存在しないものしか作れない。

想像できてしまうものは存在しうるからです。

MID